ヘルプ

ヘルプ > パスワードの作成と保管について

パスワードの作成と保管について

パスワードは、あなたの情報を守る大切な役割を持っています。パスワードが分からないと、ログインが必要なサービスをご利用になれません。また、パスワードが他人に知られると悪用される可能性もあります。

パスワードを作成するときは、ほかの人に推測されない文字列を考えましょう。また、パスワードの保管についても、十分にご注意くださるようお願いします。

パスワードの作成について

  • 文字数は、6文字以上、12文字以下です。
  • 使用できる文字種は、半角のアルファベットと数字です。
  • パスワードのアルファベットは、大文字・小文字の違いを区別して使用できます。
  • ほかの人から推測されやすい文字列を使用しないようにしましょう。
  • 【推測されやすい例】
    ・ニックネーム(あだ名)
    ・メールアドレス
    ・自分や家族の姓名
    ・郵便番号
    ・誕生日(生年月日)
    ・会社、学校名
    ・電話番号、FAX番号、携帯電話番号
    ・郵便番号、住所、番地

パスワードの保管について

  • 作成したパスワードは、ほかの人に教えたり、ほかの人が見られるところにメモを残したりしないようにしましょう。
  • 推測されやすいと感じたときは、すみやかにパスワードを変更しましょう。
  • パスワードは適当な期間をおいて変更しましょう。